邦題未定。

京都の大学院生による日々の雑記録。時事、映画、読書など、そんじょそこらに転がっているブログ。

きれいな光景

夜。

電車からたくさんの人々が吐き出され、改札をくぐる。

 

たまたま僕の前を歩いていた40歳くらいの女性。

改札の向こうで小さなポニーテールの女の子が、

彼女に向かって千切れそうなほど手を振っている。

 

「お母さん」だったらしいこの女性は、「おかえり!」とにっこり微笑む娘の手を取って、スーパーの中へ消えていった。